<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2010年 06月 29日

スカート実物製作またもや大失敗

昨日はなかなかやる気が出ず、一日だらだらと過ごして午後遅めの時間からようやく課題にとりかかりました。あと一息で完成だ~!と思い、裏スカートを表スカートに合わせて仕付けをしていて、ファスナーとベンツ部分のしつけの段になってようやく気づきました。。。
ぎょえ~!!!
裏スカートのベンツ部分の切り込みがっ。。。。ベンツの2倍くらいの長さがある。。。。
なんでこんなことになったのでしょう。。。
まず裏スカートのファスナー下の空き止まりから縫い止まりまで間違った位置を縫っちゃった様です。。。

d0176372_14485998.jpg


もうすぐ出来上がると思ってたのに、また新たに裏地を裁断して作り直さなくては。。。
ショックを受けました。
基本のタイトスカートでこんなにも失敗を繰り返しているようでは、先が思いやられるかも。。。
昨日も明日こそは仕上げようと思っていたのに、今日もダラダラモードです。

週末と夏休みの山の計画の参考にガイドブックを見たり、ネットサーフィンしたり、はたまた、文化の通信してる方たちのブログを見て参考にしたり。

今からでもまた課題がんばります。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

by nametoco | 2010-06-29 15:01 | 文化服装学院通信教育
2010年 06月 28日

2つ目の課題スカート実物製作

土曜日には谷川岳に登ってきました。

上越線土合駅を朝9時に出発してロープウェイ乗り場まで歩いて20分
ロープウェイで天神平駅まで10分そこから歩き出して、

熊穴沢避難小屋

肩の小屋 お弁当を食べました

トマの耳

オキの耳 山頂 1977m

写真はトマの耳からオキの耳へ向かう尾根です。登山者たちが小さく見えます。

d0176372_13115650.jpg


帰りは来た道を帰り、往復で6時間歩きました。
途中から雨に降られたり、雪渓をロープをつたって渡ったり、鎖場などありました。
一段一段がとても高い階段や岩場の上り下りも大変で
太ももの筋肉と足の付け根がとても疲れました。
帰り道はヘロヘロでした。。。
もっと鍛えなくては!
さて来週はどこの山へ行こうかな。

スカートの課題ですが大変なことになってます。

一番の基本なのでまずタイトスカートを裏地付きで作ることにしました。
生地の裁断の時に間違って、後ろベンツの上の部分、カーブして残して置かなくてはならない所を
型紙のままに四角く切り取ってしまいました。
切った瞬間に気づいたんですけど、うすくチャコで書いてたのでうっかりした。。。
生地がもったいないから、そのまま作ることにしました。

でも課題なので減点になるのが心配です。
それなので、これで練習してもう一つ別の形のスカートを別の生地で作って両方提出してみようかなと考えています。

d0176372_13232088.jpg

仮縫いも初めてで、切りじつけもはじめてなので、非常に時間がかかっています。

仮縫いしたものを着てみたけど、特に問題もなさそうだったので修正なしで、本番縫いをしてるところです。

d0176372_13261543.jpg


こんなに丁寧にしつけをしたりして縫うのは初めてです。
チャコでの印付けも慎重なのでやっぱりいつもより丁寧に仕上がっています。

裏地も縫えて表スカートと合体させてベルトをつけたらもうすぐできあがる予定ですけど、今日中にできるかな。
ところでこのスカートの生地ですけど、綿麻だったと思ったけど、なんだかバッグとか小物作り向きの生地って感じで、スカートではちょっと変かもw

なかなかタイトスカートに向くような生地を見つけるのが大変でした。
近くの手芸屋さんてどこも洋裁ってよりは手芸小物を作る人向けな感じで、洋服地って感じの物は少ないように思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

by nametoco | 2010-06-28 13:34 | 文化服装学院通信教育
2010年 06月 28日

婦人原型作図の課題のこと

受講生カードを見ると1回目の婦人原型の課題を提出したのは、20年9月でした。
そしてこの時の成績は87点です。
このときはわからないところが3カ所ありました。

1, カーブのところでDカーブルーラーのどの向きを使うのが良いかということ。
これについては添削で、衿、袖ぐり、袖山のカーブそれぞれDカーブの向きを絵で描いてくださいました。
でもDカーブルーラーの置き方ってちょっと違うだけで、寸法が違ってきちゃうと思うのですが、わりとおおざっぱな置き方なんですかね?
その割には私の作図した実物大婦人原型のカーブのライン、赤えんぴつで修正されてました。
けれども微妙なDカーブルーラーの置き方の違いのどれが正解なのか、わかりません。。。

2, 胸ぐせダーツの上の線の長さが短くなり、胸幅線より内側になってしまったこと。
これについては、バスト寸法が大きい場合、内側になります。胸ぐせダーツをたたんだ時に、つながりの良いカーブに修正します。(テキストP82図2参照)と書いていただきました。

3, ウエストダーツのfダーツは上はどこから始まるのかということ。
これは実物大原型に描いていただけました。それはA点から8cm下がった所です。

これでDカーブルーラーの微妙な向きの違い以外はすっきり解決することができました。
私はこの課題で大きなミスをしてしまいました。。。
「背丈の寸法が違ってました。寸法の読み間違いのないように注意しましょう。」と書かれてしまいました。
このうっかりミスによって作図にはどこもかしこも赤えんぴつの線が。。。。残念です。
「初めての原型は難しかったですか?曲線のかき方は作図を何枚もかいて定規の使い方に慣れるようにしましょう。」と書かれてました。

d0176372_11592512.jpg


先日のこ添削されたものを良く復習してみました。
それから1/4縮尺原型っていうのをやってなかったので書いてみました。
テキストにあるようにトワル用シーチングっていうので組み立ててみようと思ったんですが、
うちの近くの手芸品点にはそういうものはありませんでした。

スカートの課題をまずは提出してからやろうと思っているんですが、
こちらもトラブル発生で時間がかかりそう。。。
今日はスカートが仕上がれば良いのですが。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

by nametoco | 2010-06-28 12:05 | 文化服装学院通信教育
2010年 06月 25日

はじめまして

平成20年6月から文化服装学院の通信教育で服装コースの受講を始めました。

それまでは、型紙つきの洋裁の本などでワンピース、スカート、ブラウス、ブルゾンなどを
縫ったことはありましたが、その本の規格以外のサイズで作るのが難しく型紙の操作がわからないところもありました。

袖無しのワンピースにこうゆう袖を付けたかたちで作りたいと思ってもうまくいかず、
洋裁を習えば自由自在に思った物が作れるのかなと洋裁を習うことを思い立ち、
近くの文化服装学院の連鎖校の夜間へ通おうと思ったのですが、
問い合わせてみると、現在は昼間の部しかやっていないとのこと。。。

働いていて無理なので通信教育をすることにしました。

そんなわけで早速文化服装学院通信教育服装コースを申し込みました。


d0176372_13411249.jpg


ってゆうのが2年前のはなし。。。。

第一回目の課題 「婦人原型(実物大)」を提出してからぱったりと止まったまま。。。

2年が過ぎました。。。

仕事が忙しかったとか週末は疲れちゃったとか。。。
まぁいろんな言い訳はありますが、

12ヶ月延長料金5000円を支払い、これから頑張るぞ~!
というところです。

現在2つ目の課題のスカートを制作中です。

ちなみに課題はどんな風かというと

1、婦人原型(実物大作図)
2、スカートまたはパンツの実物製作
3、ブラウスの実物製作
4、ワンピースドレスの実物製作
5、ジャケットの実物大作図
6、ジャケットの実物制作(5、で添削済みの作図を使用する)
7、コートのデザインと作図(1/4縮図)
8、修了作品の実物製作 修了レポート


受講期間は1年で、無料延長期間が別に1年あります。つまり合計2年。

2年で修了しないと手紙が来ます。。。私の様に。。。。

ちょうど仕事も辞めたところなので、課題にうちこめそうです。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

by nametoco | 2010-06-25 14:04 | 文化服装学院通信教育