なめとこ通信

nametoco.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 15日

北穂高岳へ行ってきました

8月1日に山へ向けて出発してから、帰ってきたのにブログさぼってました。

今回の山は、私にとってはかなり背伸びしすぎたかもしれません。
帰って来て疲れすぎてボロボロになってました。
8月1日 竹橋発の夜行バスで上高地へ向けて出発
このバスには若い人は他に一組しかいませんでした。私たち夫婦を若者だとは思っていませんが、それにしても年配者ばかり。。。どうして若者いないんだろう。。
私たちは1人2席づつ確保していたんですけど、ダブルシートってやつです、他の人にはダブルシートにしてる人は誰もいませんでした。このバスは普通の狭いシートのバスだったので1人1席ではとても眠れるような状態ではないので、ダブルシートにしていて正解でした。寝不足で山歩くの辛そうだものね。

8月2日 朝5時半 上高地バスターミナル着
バスターミナルの食堂で朝定食を食べ、それから登山計画書を提出してから出発です。
途中、氷壁の宿徳沢園でソフトクリームを食べたりしながらこの日の目的地涸沢カールにある涸沢ヒュッテへ向けて黙々と歩きます。
上高地~涸沢 ガイドブックでは6時間の行程です。
私たちのかかった時間は7時間 休憩時間含みます。最後の雪渓のあたりにはもうほとほと疲れきってました。雪渓を過ぎたら唐沢ヒュッテはすごそこ。

d0176372_12393924.jpg

「涸沢ヒュッテの吹き流し」

この日は、涸沢ヒュッテでは布団は1人1枚でした!他の夫婦との相部屋で4人でしたけど、一つの布団に2人とか3人とかじゃなくてよかった。

8月3日 朝6時45分 北穂高岳 標高3106メートル へ向けて出発!
ガイドブックでは涸沢から北穂高岳へは3時間の行程です。なので私たちは4時間はかかるかなぁ。
d0176372_1247290.jpg

「見えているのは涸沢小屋です。その後ろに北穂高岳」

涸沢小屋の右手の雪渓から登って行き、左手の緑の中をジグザグに進み、ガレ場を四つん這いで登り、鎖場を登りその次の鉄のハシゴを登り、頂上はもうすぐかと思いきや、下山してくる人が言うには「ちょうど半分くらいには来てるよ」とのこと。。。。。ええええええまだかいっ!
d0176372_12532067.jpg

「ガレ場」
d0176372_12543940.jpg

「下を見ると涸沢ヒュッテが小さく見える」

結局、山頂まで6時間もかかってしまいました。。。。ガイドブックの時間の倍もかかってるし。。。。ほんとにほんとに疲れたよ~。しょっちゅう休んでばかりいました。背中のザックは重いし、水2リットルも重いし。。。
もっと体力つけてからでなくては無理な場所でした。だって3000メートル級の山だものねぇ。それに下を見ると怖くて怖くてこんな所に来てしまって、帰りにちゃんと降りられるのか心配になってしまった。
翌日の筋肉痛も心配だしねぇ。。。下山できなくなって遭難したら大変。

d0176372_1343174.jpg

「北穂高岳山頂から見える槍ヶ岳」
d0176372_1354493.jpg

「北穂高小屋の裏の滝谷」

なんとか北穂高小屋のお昼のラストオーダーに間に合って到着できました。1時だったかな?
みそらーめんを食べました。おいしかった!
この日はもちろん北穂高小屋へ宿泊です。食事も美味しかったし、枕に使い捨てカバーがかけてあったのもうれしかったです。お掃除も行き届いた感じで清潔感があり、スタッフの方たちもとても感じよかったです。

8月4日 北穂高小屋から一気に上高地へ下山

d0176372_13152015.jpg

「北穂高小屋から見たご来迎」

ご来迎を見てから5時から朝食を食べて、6時に出発。
降りるのも恐ろしかったけど、なにより途中猛烈にお腹が痛くなってお腹が痛すぎて集中できなくて滑落するかと思った。。。でもなんとか無事に下山しました。
d0176372_13215232.jpg

「途中、雷鳥の親子がいました。」
あれっ?子どもが写ってないし。。。あの時ほんとにお腹痛すぎてそれどころじゃなかった。。。雷鳥に合うってのも山で体験したいことの一つだったので、もっとじっくり味わいたかったけど、残念。

ギリギリ、上高地バスターミナル発新島々行き最終のバス18:04になんとか乗ることができました。

ほんと疲れすぎたー。北穂からの下山中に転がって左膝を打ったところも痛いし、他も筋肉痛でまともに歩けなかった。朝6時に出発してから12時間も歩いてるし。。。。そりゃ疲れるわ。。
初心者なのでガイドブックの参考タイムよりも時間が大分かかってます。
ってことはつまり多分、まだこのコースは私たちにはちょっと早すぎたってことじゃないかな。

涸沢からの景色も、北穂からの景色もすばらしかったです。
北穂は登ってる途中も小屋へ着いてからも下を見たら怖くて怖くて足下からゾワゾワする感じ。
だって小屋じたいもとんでもない崖っぷちに建ってるし。

初心者としてはもう一日ゆとりをもって来たかったけど、愛犬がマンションでお留守番しているので3泊はやっぱり無理です。この2泊だって相当かわいそうだったなぁと思いました。

それからとにかく毎日汗だくなのに山ではお風呂に入れないってことがなんとしても辛いことですね。

それでも、はじめての北アルプス満喫しましたー!

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

by nametoco | 2010-08-15 13:42 | 登山


<< クロスステッチの針刺しキット      ブラウス完成 >>